子供 貯金

こども貯金画像

「子供のための貯金っていつから始めればいいの?」
「高校や大学を卒業するまでにいくらかかるの?」

私にも1歳の息子がいて、彼が生まれてから気になっていた疑問でした。

この記事では、「子供の貯金」についての気になる疑問と回答を紹介しています。

当サイトでは、おすすめの学資保険3選を紹介しています。気になる方はチェックしてくださいね。

おすすめ学資保険3選を見る

子供の貯金はいくら必要?

教育費画像

はじめに結論からいうと、3歳から幼稚園に通って、高校を卒業するまでの15年間で学習費は約540万円必要になります。

しかもこの数字は、全て公立に通った場合。
幼稚園から高等学校全て私立に通うと約1,830万円必要になります。

なので、幼稚園・小学校・中学校・高校のどれかが私立になるだけで、金額も大き変わってきちゃいます。

もう少し詳しく教育費の内訳を説明していきますね。

子供の教育費の内訳

子供の学習費(教育費)は、学校教育費・学校給食費・学校外活動費の3つに分けられます。

  • 学校教育費とは、授業料や修学旅行など学校教育のために各家庭が支出した全経費。
  • 学校外活動費とは、自宅学習や学習塾、習い事などの経費。

それでは、文部科学省の最新の統計データ(平成30年)を用いて、幼稚園・小学校・中学校・高校で必要となる学習費を個別に解説していきます。

参考:文部科学省(平成30年度子供の学習費調査の結果について)

幼稚園

学習費総額をみると、公立幼稚園は年間22.4万円、私立幼稚園は52.8万円とされ、約2.3倍の開きがあります。

この金額差は主に学校教育費、中でも授業料・学校納付金・学用品購入費によって生じています。

なので、幼稚園であっても独自の教育方針をもち、法人として独立運営している私立校に入学を希望する場合は早期にそれなりの出費が必要になります。

小学校

学習費総額をみると、公立小学校は32.1万円、私立小学校は159.9万円とされ、約5倍の開きがあることがわかります。

この金額差は主に学校教育費であり、授業料が無償の公立に比べ、私立では平均48万円かかることが原因です。

また、学校外活動費では公立・私立共に、補助学習費(自宅学習や学習塾・家庭教師などの経費)の支出が最多です。

公立では8.2万円、私立では34.8万円の補助学習費とされてます。

中学校

学習費総額をみると、公立中学校で48.8万円、私立中学校では140.6万円とされ、約2.8倍の開きがあることがわかります。

この金額差は主に学校教育費であり、授業料が無償の公立に比べ、私立では約43万円かかります。
また、私立では学校納付金等の支出も約30万円程度かかり、公立とは大きな差を生んでいます。

学校外活動費をみると、公立・私立中学校ともに補助学習費の支出が最多です。

公立では24.4万円、私立では22.0万円の補助学習費とされてます。

高等学校

学習費総額をみると、公立高等学校では45.7万円、私立高等学校では97.0万円とされ、約2.1倍の開きがあることがわかります。

この金額差は主に学校教育費であり、授業料と学校納付金が合計8万円の公立に対し、私立は44万円かかります。

学校外活動費では、公立・私立高等学校ともに補助学習費の支出が最多です。

公立では14.8万円、私立では19.4万円の補助学習費とされてます。

大学

高校卒業後に大学に進学する場合は、さらに大学の学費も必要になります。

大学の学費については、入学金・授業料・施設整備費(私立のみ)があり、公立・私立共に高額です。

直近の文部科学省の統計では、

  • 授業料が国公立大学で年間約54万円、私立大学で年間約90万円。
  • 入学金が国立大学で約28万円、公立大学で約39万円(地域外からの入学者平均)、私立大学で約25万円。
  • 施設整備費は、私立大学で年間18万円。

です。

つまり大学では入学金を除く費用が毎年、国公立では約54万円、私立では約108万円かかってきます。

さらに、浪人や留年、留学などする場合は別途で費用が加算され、お小遣いや仕送りは別途でプラスされることを考えないといけません。

参考:文部科学省(平成29年度私立大学等入学者に係る初年度学生納付金平均額の調査結果について)
参考:文部科学省(国公立大学の授業料等の推移)

教育費まとめ

幼稚園から高校を卒業するまでにかかる教育費を一覧でまとめました。

公立 私立
年間[円] 計[円] 年間[円] 計[円]
幼稚園 223,647 670,941 527,916 1,583,748
小学校 321,281 1,927,686 1,598,691 9,592,146
中学校 488,397 1,465,191 1,406,433 4,219,299
高等学校 457,380 1,372,140 969,911 2,909,733
1,490,705 5,435,958 4,502,951 18,304,926

幼稚園から高校まで全て公立の場合で、約540万円かかります。

一方、全て私立の場合は約1,800万円と全て公立の場合の3.3倍の学費がかかってきます。

次に国公立大学の学費について表でまとめました。

大学入学時の初年度にかかる費用は、

授業料[円] 入学金[円] 施設設備費[円] 計[円]
国立大学 535,800 282,000 - 817,800
公立大学 538,734 392,391 - 931,125

となり、80万円から90万円程度。

そして、大学4年間(医歯薬系は6年間)でかかる学費の合計は、約250万円程度(医歯薬系は約350万)です。

卒業までの4年(6年)総額費用[円]
国立大学 2,425,200
国立大学(医歯薬系) 3,496,800
公立大学 2,547,327
公立大学(医歯薬系) 3,624,795

最後に、私立大学の学費について表でまとめると...

私立 授業料[円] 入学金[円] 施設設備費[円] 計[円]
文系学部 781,003 231,811 152,496 1,165,310
理系学部 1,101,854 254,941 184,102 1,540,896
医歯系学部 2,847,940 1,050,306 872,711 4,770,957
その他学部 957,495 264,503 230,103 1,452,102
平均 900,093 252,030 181,294 1,333,418

理系か文系かで4年間の総額は100万円程度変わってきます。

また医歯薬系の学部では6年制なので、卒業までの総額費用は2,000万円を超えます(^^;

私立大学 卒業までの4年(6年)総額費用[円]
文系学部 3,965,807
理系学部 5,398,766
医歯系学部(6年で計算) 22,323,906
その他学部 5,014,895

子供の貯金はいつ始めるべきか

貯蓄方法画像

子供の教育費の貯金方法は主に4つあり、

  1. ジュニアNISA
  2. 学資保険
  3. 銀行の積み立て
  4. 個人向け国債

です。

それぞれについて詳しく解説していきますね。

ジュニアNISA

2016年1月から申し込みが始まり、2016年4月から運用が始まった「ジュニアNISA」。

0歳から19歳の子供本人の名義で、口座を開設することで利用できます。

現状では、投資可能期間は2016年から2023年まで。

年間80万円分の投資に対する配当や利益が、原則非課税になるというメリットがある制度です。

ただし、子供が18歳までになるまでは払出し制限があります。

学資保険

学資保険とは名前の通り、子供の教育費(学資)を準備するための貯蓄型の保険の1つです。

子供の学費が大きくなるタイミングで、祝い金や満期金といった名目でまとまったお金が受け取れます。

また、契約者(親)の死亡保証がセットになっているタイプもあり、万一の場合にも子供の学費を残すことができちゃいます。

払い込んだ保険料よりも多くの保険金を受け取れる可能性がある一方で、中途解約した場合は元本割れするリスクがあります。

固定金利なのでインフレにも弱いです。

銀行の預貯金(自動積み立て)

銀行口座には、普通預金や定期預金、自動積立定期預金などの種類があります。

定期預金とは、預け入れから一定期間お金を引き出せない預金のことで、一般的には普通預金よりも金利が高く設定されています。

ただし、定期預金は途中解約できない場合や、途中解約できても解約手数料がかかる場合などがあります。

自動積み立て定期預金は、毎月決まった日にちに自動的に一定金額を定期預金に預け入れることができます。

定期預金の預け入れ期間は最短で1ヶ月が主流。3ヶ月、6ヶ月、1年など期間を選べちゃいます。

個人向け国債

個人向け国債とは、国が発行する債権です。

国が発行しているので安心かつ元本割れなし

銀行の普通預金よりも利回りが高く、中途解約も可能です。

海外の国債は、特に新興国の国債は利率が高くなる傾向にあります。

中途解約の場合は一定金額差し引かれるので注意が必要。

貯蓄が難しい場合

奨学金制度画像

「思う様に貯蓄できなかった場合はどうすればいいのか?」

そんな場合でもいくつか教育費(学費)を工面する方法があるので紹介しておきますね。

子供が成長する頃には新たな制度や仕組みになってるかもなので、参考までに留めてくださいね。

推薦入学や特待生制度で費用を抑える

私立大学では、入試成績が優秀だった学生向けに特待生制度を設けている大学が多くあります。

特待生として認定されると、授業料が半額になったり全額免除になったりします。

また、推薦入試でも同様に学業が優秀な入学者向けにお金を支援する制度があったりします。

私立高校のスポーツ推薦では、授業料や入学金が免除される場合もあります。

奨学金

奨学金の種類は3種類あり、

  • 日本学生支援機構
  • 自治体
  • 民間(大学、財団など)

に分けられます。

最も有名な日本学生支援機構の奨学金には①給付型、②第一種(無利息)、③第二種(利息あり)の3種類があります。

毎月一定額のお金が指定の口座に振り込まれ、学校卒業後から子供本人が一定額毎月返済していきます。

教育ローン

教育ローンの種類は2種類あり、

  • 国(日本政策金融公庫)
  • 民間(銀行、信販会社など)

に分けられます。

国の教育ローンの特徴は一括でお金を借りられる点と、返済する人が保護者である点です。

民間の教育ローンも基本的には同じですが、借入金額が国の350万円よりも多く、1000万円〜3000万円も可能。

融資の範囲内で分割して借入することもでき、国の教育ローンよりも審査が早く、翌月から借入可能な種類もあります。

ただし民間の教育ローンは金利が少し高いのがネックです。

奨学金と教育ローンを比較

国の教育ローン 日本学生支援機構の奨学金
返済する人 保護者 子ども
借り方 一括 毎月定額
最大の借入額 350万円
(留学の場合は増額可)
毎月12万円
(学部により増額可能)
最長の返済期間 15年 最大20年
(借入額によって異なる)
金利 1.70% 0.049%
(貸与終了時に決定、2019年7月に貸与終了の場合)
利息の発生時期 借入の翌月から 卒業後から

参考:教育一般貸付(日本政策金融公庫)
参考:奨学金(日本学生支援機構)

Q&A

こども貯金画像

こどもの教育費にかかる金額について、解説してきました。

大学までにかかる教育費は、私立と公立で大きく違ってきますが、約2千万円以上となるケースもあります。

もちろん大学で理系学部や下宿する場合にはもっとお金が必要になっていきます(^^;

ですので、こどもが小さい時から計画して教育費を貯蓄していきたいところですよね。

当サイトでは、貯蓄手段として優秀な学資保険について解説し、おすすめ学資保険を3つに厳選して紹介しています。

学資保険の中には、支払った金額の109%超を受け取れる商品もあります。

おすすめ学資保険3選を見る

Copyright© 学資保険 ランキング , 2021 All Rights Reserved.